スポンサーリンク

女の勲章あらすじネタバレ結末と放送日とキャスト玉木宏や原作は?

女の勲章ネタバレ

ドラマ女の勲章の放送日と
あらすじネタバレ結末について、
原作や山崎豊子さんモデル・出演者、
玉木宏さん、松嶋菜々子さん、
の情報についてまとめています。

スポンサーリンク

女の勲章のテレビの放送日はいつなの?

4月15日土曜日と4月16日日曜日の
21時から2夜連続で放送されます。

豪華キャスト陣の注目のドラマなので
見逃さないでくださいね。

女の勲章ネタバレあらすじと結末は?

女の勲章4月15日土曜日1話

大阪の船場にあるお金持ちの
羅紗問屋の娘として育った大庭式子(松嶋菜々子)は、
戦争によって家族も家も失うのであった。

焼け野原の後に、
これから先は洋服や婦人服の時代が
やって来ると感じた式子は
ミシンを使って洋裁教室をオープンしました。

それから数年たって、
式子の洋裁教室は人気教室となって、
三人の弟子の倫子(ミムラ)、
かつ美(相武紗季)、
富枝(木南晴夏)
と一緒に協力して、
甲子園に服飾学校を
作ろうとしていました。

そこに東大卒の美男子の
八代銀四郎(玉木宏)が現れて
自分を雇い入れるように
話をしてきます。

開校を目の前に控えた式子の前に
関西デザイナー協会会長の安田兼子(浅野ゆう子)が
現れます。

いろいろな困難が迫る中で
式子と一緒に少しずつ学校の
主導権を握っていく銀四郎と
3人の弟子たちでした。

スポンサーリンク

女の勲章4月16日日曜日2話

確実に成功へ地数いていく
式子でしたが、
大阪・東京・パリへと
ファッション業界を舞台に
大きくステップアップ
していこうとしていました。

ですが、銀四郎(玉木宏)と関与している
女弟子たち(ミムラ・相武紗季・木南晴夏)への
嫉妬心で心身ともにヘトヘトに
なっていました。

そんな時に銀四郎の恩師の
大学教授の白石(長塚京三)が、
式子の癒しの存在となり
次第にその中が深まっていきます。

ファッションデザイナーとして
成功へ少しずつ近づいていく
式子の未来に待っている結末やいかに!

スポンサーリンク

女の勲章キャスト・出演者

(主人公)大庭式子:松嶋菜々子
裕福な羅紗問屋の娘として生まれるが
戦争ですべてを失ってしまう。
今後はは洋服・婦人服の時代がやって来ると感じて
洋裁教室を設立する。
女性の嫉妬が渦巻くファッション業界で
頂点を目指していきます。

八代銀四郎:玉木宏
式子を助けながら少しずつ
学校の主導権を握っていきます。

式子の3人の弟子
津川倫子:ミムラ
坪田かつ美:相武紗季
大木富枝:木南晴夏
怖いくらいの野心と欲望を持った弟子達です。
その欲望を銀四郎に利用されていきます。

(倫子の恋人)野本敬太:駿河太郎
倫子を愛しているがゆえに
その愛を利用されてしまいます。

(大庭家の女中)キヨ:江波杏子
幼少時代から式子に仕えています。

(新聞記者)曾根英生:小澤征悦
銀四郎の大学時代の友人で
式子の魅力に注目しています。

(関西デザイナー協会会長)安田兼子:浅野ゆう子
式子の前に立ちふさがる
関西ファッション業界のボス
式子に強いライバル心を持っている

白石庸介:長塚京三
孤独な仏文科大学教授
式子のよき理解者です。

スポンサーリンク

女の勲章の原作は?

女の勲章の原作は上の小説になります。

アマゾンで販売していますね。

作者は山崎 豊子さんで
1961年に発表されたそうです。

1961年に映画化されて、
1962年と1976年に
テレビドラマ化
されています。

50数年も前に書かれた
小説なんですね。

今でもドラマ化されるというのが
すごいところですよね。

ちなみに山崎豊子さんの画像はこちらです。
山崎豊子

画像引用元:http://mainichi.jp/

2013年に89歳で亡くられています。

スポンサーリンク
画像引用元:http://www.fujitv.co.jp/kunsho/competition/

コメントを残す