スポンサーリンク

乳児ボツリヌス症はちみつが原因の食中毒とは?症状や治療方法は?

はちみつボツリヌス菌

はちみつに含まれている
ボツリヌス菌が原因の食中毒
乳児ボツリヌス症についての情報と、
その症状や治療方法・予防方法、
みなさんの感想・口コミ
などの情報についてまとめています。

スポンサーリンク

4月7日に東京都でおこったボツリヌス症死亡事故について

東京都は4月7日に足立区の
生後6カ月の男児が3月に
蜂蜜が原因の食中毒で
死亡したことを発表しました。

家庭で与えた市販の蜂蜜の中に
ボツリヌス菌が含まれており、
乳児ボツリヌス症を発症したと
思われるそうです。

乳児ボツリヌス症による死亡は
全国で初めてのことです。

乳児ボツリヌス症は1986年に
千葉県で初めて確認されました。

当時の厚生省は1987年に
1歳未満の乳児に対しては
はちみつを与えないように通知を出して、
注意喚起を続けていました。

今回死亡した男児が食べたはちみつ製品には
メーカーの注意書きはあったのですが、
家族がこれを見逃していたようでした。

スポンサーリンク

乳児ボツリヌス症に対するみなさんの感想・口コミ

スポンサーリンク
Aさん
うわーボツリヌスの死亡事故起きちゃってる・・・ 最強の食中毒菌だよね確か
Bさん
もやしもんでいっていたことは本当だった…ボツリヌスは怖い
Cさん
ボツリヌスとか誰でもわかるようなこともわからないって残酷な世の中ですね
Dさん
これ、めっちゃ気を付けてたわ 知らん人いるんだね
Eさん
有名じゃろって、、、、、、ほんとに知らなかったのなら、親御さんが不憫でならない。 計画性なら、許されない。
Fさん
基本中の基本なのに知らなかったのか
Gさん
はちみつがボツリヌスは常識だと思ってたが黒糖もそうなのか。
Hさん
ボツリヌス菌かぁ 真空状態にすると地球上最強の毒素を出すんだっけ。
Iさん
1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えないように、はちみつのラベルだけでなく母子手帳や育児書にも書かれています
Jさん
ボツリヌスについてちゃんと伝授していない医療福祉関係の関わり方を疑う。なんで母親が責められてんのか謎
スポンサーリンク

乳児ボツリヌス症とは?

乳児ボツリヌス症とは、
1歳未満の赤ちゃんが
ボツリヌス菌の芽胞と呼ばれる菌の種を、
体内に入れて重症化してしまう
感染症になります。

芽胞が赤ちゃんの腸の中に入ると、
発育して増殖するので毒素を出して
ボツリヌス症を引き起こします。

ボツリヌス菌は大変強い菌で
大人でもきつい食中毒症状を
引き起こすものです。

ですが食中毒症状を引き起こすのは、
すでに発育と増殖した菌を摂取したときなので
芽胞の摂取が原因で起こる乳児ボツリヌス症とは
別のものとして考えられています。

乳児ボツリヌス症は、
生後12ヶ月未満の乳児によく多く起こるものです。

スポンサーリンク

乳児ボツリヌス症の症状は?

乳児ボツリヌス症になってしまったら
赤ちゃんのまず5日以上
便秘になります。

その他の症状として、
・体の筋肉が弛緩する
・母乳やミルクを飲めなくなる
・声が小さくなる
・顔が無表情になる
このような症状がみられます。

症状がひどい時には、
呼吸困難や呼吸停止が
起こることもあるので
乳児ボツリヌス症と
思われるときには
すぐに病院を受診するように
してください。

乳児ボツリヌス症の治療法は?

乳児ボツリヌス症の治療としては、
栄養補給呼吸管理をしっかりして
症状を軽くするために
対症療法を行うことになります。

乳児ボツリヌス症の致死率は
だいたい1~3%ほどで、
ボツリヌス菌の食中毒に比べると
低い確率にはなります。

ですから病院でしっかりとした治療を受ければ、
後遺症も残ることなくちゃんと完治します。

気を付けてほしいこととして
感染してしまった赤ちゃんのうんちの中には、
長い期間ボツリヌス菌が
混入することがあるので、
2次感染には注意してください。

スポンサーリンク

乳児ボツリヌス症の予防方法

乳児ボツリヌス症の場合は
予防が大事になってきます。

ハチミツとの関係が
かなりはっきりしているので
気をつけましょう。

大人の場合は腸内の
いろいろな細菌群によって、
ボツリヌス菌は増殖しにくくなるので、
乳児ボツリヌス症にはならないそうです。

1歳を越えると正常な大腸細菌叢が
形成されるので発症しなくなります。

乳児ボツリヌス症にならないようにはちみつには注意!

乳児ボツリヌス症は周りのの大人がちゃんと気をつけていれば、
ほとんどの場合予防することができます。

1歳になるまでは赤ちゃんが
食べるものには気をつけてください。

その中でもはちみつは
市販の食品に入っていることがあるので、
赤ちゃんが口にしてしまわないように、
原材料をしっかりと確認するようにしましょう。

もし1歳未満の赤ちゃんが
はちみつを食べたときには、
様子をしっかりと観察しておき、
少しでも症状が見られたら
すぐに病院に連れて行くようにしてください。

おすすめ記事&広告

画像引用元:http://trendstyle96.net/archives/3287

コメントを残す