スポンサーリンク

アップル社が最高技術を駆使したAR機器を2020年に発売?!VRとの違いは?

AR機器

昔はよく、”近未来”という言葉にワクワクしませんでしたか?
空を飛ぶ車や、ロボットなど、特に男性陣はこういうの好きですよね?(笑)

そんな中、近未来アイテム大好きなAPPLE社が、また作ってるんですって!!
どういうものなのか気になりませんか?

なので今回は、APPLE社が現在開発予定の、その”近未来アイテム”について、どういうものなのか?というのを見ていこうと思います。

スポンサーリンク


APPLE社は何を開発してるの?

現在、アップル社が開発している近未来アイテムは
ARヘッドセットです!
これはARの技術を眼鏡型の機械に搭載したハイテク機器で現在開発中みたいです。

ARヘッドセット
近未来映画と言えば僕は、トランスフォーマーやアイロボットを思い浮かべますが、まさにそんな時代を作り上げるものとして、かなり話題になるんじゃないかと思います。

そして、スマートフォンを使用したARヘッドセットのような、悪く言えば、ショボいものではなく、映画の世界のような、目の前に画面がでてきて操作するみたいな、様々な概念を覆すものを作るとコメントしているみたいです。

上記で説明したように、携帯と、専用ゴーグルを使うのではなく、ゴーグル単体で操作できるARヘッドセットを2019年までに完成させて、2020年に発売する予定みたいです。

今から、かなりワクワクしてきました(笑) そんな興奮状態の下、記事を書いてる次第でございます・・・(笑)

スポンサーリンク


ARってなに?VRとの違いは?

AR
まず

・AR知らないって人
・VRは知ってるけどっていう人や
・違いあるの?っていう人

がいるかと思いますので、 ARについてVRとの違いを簡単にご説明しますね!
・ARって?
簡単に言えば現実の場所やモノを感知し、それに対して映像等の情報を映し出すのが、AR(拡張現実)といものです。

・VRって?
ARとは違い、現実世界ではなく、仮想世界を目の前に作り上げることで、実際に現実世界にいるような映像などの情報を映し出すのが、VR(バーチャルリアリティ)です。

少し同じような感覚はありますが、現実化、非現実化という点で大きく違っています。

ただ、VRで、リアルの世界での情報(あくまで非現実として)を映し出すこともしますので、少しごちゃごちゃになる人がいるようですね~

つまりは
AR→現実世界に仮想の情報を映す
VR→非現実世界に仮想又は現実の情報を映す
と覚えましょう!

あくまで、”映す”なので、映っている情報は最終的に仮想の情報という事になりますね(笑)
そこに人がいる”みたい”だけどあくまでも、映像です!という事です。

自分で説明してても、少し、あれ?ってなることがあるので、結構分かりづらいですよね(笑)

スポンサーリンク


どういうデザイン?

さすがに、今から2年後なので、デザインの公表はありませんが、恐らく、使い道等なども考えると、今話題のVRゴーグルよりスマートになるのではないかと踏んでいます。

そうじゃないと、歩きながらとかかなりうざいでしょ!?(笑)スマートなデザインで有名なアップルさんだしね
AR

画像引用元:https://www.google.co.jp/amp/s/iphone-mania.jp/news-192603/amp/

ただ、その小ささで、最新技術を搭載していくには、簡単ではないのでしょうね。

ただスマートにしてしまうと疑問点が1つ浮かびます。
目の悪い人はどうするの?という事。

実際に眼鏡のレンズに映像が映し出されるというイメージで考えれば、その映像を見るために、目の悪い人は眼鏡をしてヘッドセットを着用しなくてはならないのでしょうか?

スマートにしてしまえば、眼鏡をかけてから、ARヘッドセットを着用することができるのか?
現在コンタクトもかなり普及してますが、それでもなお、眼鏡のみ使用している人も多いので、そこらへんがどうなるかが気になりますね!

僕も2年後には視力がどうなっているか分かりませんからね(笑)
この記事を見ているあなたもですよ?・・・

スポンサーリンク


性能は?

・rOSという新OSが搭載!!
AR専用のOSでARでアプリを楽しんだりするという事もできるかもしれないとの事です。
開発中の現時点では、正確なスペックは未知数です。

あくまでも予想ですが、ポケモンGOははるかに超えてくるのではないかと思っています。
逆に、見た目かっこいいけど、内容いらね!ってならないよう頑張ってほしいですね~

ただ、現状では、まだ技術的に山ほど課題があり、”視界の大きさ”や”映像の質”はまだまだ低いとの事です。

また、バッテリーの問題もあるようですが、Apple Watchに使用されているチップ(グラフィックプロセッサ、AIチップ、CPUを等を通常のプロセッサよりも小さい領域に押し込めることができたチップ)の技術があるため、かなり省電力にできるのではないかと言われています。

おら、ワクワクすっぞ!って気分です(笑)

なにができるの?

AR
これは、みんなで妄想しましょう(笑)

まあ、実際考えうるのは

・ゲームができる
・メールができる
・インターネットが見える
・動画が見える

スポンサーリンク



その他オプション的なメイン機能で考えたら

・写真、動画が撮れる
・プロジェクターみたいに映像を映し出せる
・耳にかける部分で、電話もできる

という”今のスマホで出来ることがARヘッドセットでもできるようになる” のでしょうか?
こればっかりは、僕みたいな一般人が考えても想像つきませんね(笑)

正直上記の事が全部できたらクソ高くなるんでしょうね!!

噂ですが、ARヘッドセット専用のAPPSTOREもできるとの事なので、ゲーム専用械になるのかもしれませんよね(笑)

マップやメール、さらには仮想会議室なるものやフルスクリーン(360度)の動画の再生といった機能についての実験も実際に行っているそうなので、十分現実的と考えれますね。

ただ、仮想会議室っていったらエヴァが出てくるのは僕だけでしょうか?(笑)
これに関しては、全部かなえてほしいと思っていますが・・・

実際、 どうやって操作するの? というのが一番の疑問点です。
おそらく、音声や、目の動きを感知、頭の動きで感知、脳波を感知(これは実用は難しそうですが) して操作といったところでしょうか?

あとがき

今回は、”近未来型スマホ”といっても過言ではない可能性をもった、ARヘッドセットについて説明、妄想を繰り広げさせてもらいました。

実際、昔では無理だろうと言われたものが、次々と実現していっている世界なので、正直できるでしょ?アップルさんくらいに思っています(笑)

ただ、スマホの2倍の値段で、買える人も限られてくるという事になる可能性もありますよね~
ただ、一つ言えるのが夢は大きい方がいいとはこのことですね(笑)

また、何か更新情報や、新アイテムがありましたら取り上げていこうかと思います。

おすすめ記事&広告

コメントを残す