スポンサーリンク

映画ギフテッドあらすじネタバレと感想や見どころや動画

特別な才能を持つことを『ギフテッド』と言い、高度な計算を得意とするのがこの作品の主人公のメアリー。

彼女をを取り巻く周りの環境や、最初から愛してくれた叔父のフランクとの関係性を描くストーリーに誰しも引き込まれていくでしょう。

そんな涙なくしては見れない映画のあらすじと、見どころを紹介します。役者の可愛さや、自然な演技にも注目ですよ。

スポンサーリンク

映画ギフテッド動画

スポンサーリンク

映画ギフテッドあらすじ

叔父のフランクと姪のメアリー、そして片目の猫のフレッドはフロリダに住んでいました。

今日から小学校に通うため、フランクに起こされるメアリー…

しかし、彼女は行きたくない様子。

しぶしぶスクールバスに乗り学校へ行き、授業を受けます。

スポンサーリンク

算数の授業で担任のボニーはメアリーの様子が気になりました。

10ケタの足し算も容易に解いたメアリーに「57×175」という難題を出します。

しばらくして、7歳のメアリーは問題を解いたのです。

ある日、メアリーは男の子を庇っていじめっ子を殴ってしまいます。

ボニーは彼女の数学の才能を校長に伝えていたこともあり、学力の高い学校に移るべきだとフランクに伝えます。

彼は亡き姉の遺志から、普通に育てていくとと決めていました。

校長の話を聞きつけたメアリーの祖母イブリンが家を訪ねます。

初めて会うメアリーにマックブックをプレゼントし、彼女の才能を伸ばすべきだと言うイブリン…フランクは譲らず、親権を争う裁判が始まりました。

スポンサーリンク

一方、ボニーはメアリーのことを調べ、母親が数学者ダイアン・アドラーといい、彼女は自殺してたことを知りました。

フランクがいたバーに会いに行ったボニーは詳しい話を聞きます。

彼が姉のダイアンの話を聞いていれば死なずに済んだかもしれない…

そうして話すうちに親しくなった二人は一夜を共にするのでした。

メアリーは祖母に連れられてボストンの大学で難解な数学式を解いたり、母親が志半ばで死んでしまったことを知ったり…

そして父親は自分を探さなかったことなど、色々なことを知りました。

そして裁判が何回か開かれ、イブリンが証人として質問を受けます。

10億人に一人という娘の才能に責任を感じ、ただ数学だけに専念させる人生を送らせ…

しかし、ダイアナは内緒で隣人の男の子とスキーに出掛けてしまったことがありました。

その際にイブリンは誘拐だと通報し、裁判沙汰になったのですが最終的には娘に感謝されたと言いました。

スポンサーリンク

そして、フランクが証人となる裁判では、バーで酔っ払いに絡まれた際に殴ったことで、留置場にいれられたことを明かされます。

互いに負けると判断した結果、それぞれの弁護士は交渉案を出しました。

それはメアリーを里親に出し、才能にあった学校に通わせるということ…

12歳になったら自身でその後を選択できるということもあり、フランクとイブリンは承諾しました。

フランクに見送られて里親に預けられるメアリー。

彼女は号泣し、「一緒にいる」と言ったフランクを責めつつも、置いていかないでと叫ぶのでした。

そして、自分の判断は正しかったと言い聞かせて過ごすフランクに、ある日ボニーから猫の里親募集のポスターの写真が送られてきます。

そこには片目のフレッドの姿があり、すぐさま迎えに出て処分寸前のフレッドを助けました。

イブリンの仕業と分かって里親の家に行くとイブリンとメアリーがいました。

そして保管して資料を突きつけたのです。

それはミレニアム懸賞問題として生涯をかけて解く者もいる問いの一つ、「ナビエ‐ストークス方程式」の解でした。

イブリンの死後に公表を頼まれたフランクですが、公表する代わりそれを守って欲しいとも言います。

ダイアナは母への怒りがあったと知ってショックを受けたイブリンですが、了承してメアリーを引き渡すのでした。

フランクはメアリーとの約束を破って一人にしたことを謝り、彼女を大学に通わせます。

そして講義の後には子供の友達と過ごすメアリーを見てフランクはほほ笑むのでした。

スポンサーリンク

映画ギフテッドの見どころ

映画ギフテッドは演者の自然な演技に引き込まれる!

マッケナのキュートで賢い演技が、自然な女の子に見えて演技とは思えないのが凄かったです。

数学者でも唸るような難題を真剣のな表情で黙々と説いていく一方で、「ピアノが欲しい!」と言ってフランクを困らせる子供っぽさもある…

可愛くて頭も良い演技を若くしてこなす彼女の今後が楽しみですね。

フランク役のクリスは最近だと、キャプテン・アメリカというヒーロー役での活躍がありますね。

来年公開予定である『アベンジャーズ インフェニティ・ウォー』の出演も控える中、今作では普通の優しい叔父さん役…

アクションを数多くこなす役柄とのギャップも良いものです。

女性陣も魅力的で、先生役のボニーは立場上良くないと思いつつも、生徒の保護者との恋に悩む姿が共感する人も多そうです。

そして祖母のイブリン…

難しい役柄だと思いますが、厳格な母で自信を持った人間としての演技は迫力がありました。

隣人のロバートという女性は包容力があって、母親のようにメアリーをかわいがるシーンが良かったです。

また、フランクの判断を時には叱咤し、落ち込んだら傍で励ますという素敵な方…

それぞれ違う役柄の女性像をハッキリと演じてストーリーを楽しませてくれたのが魅力です。

スポンサーリンク

映画ギフテッド泣かせてくれたマーク・ウェブ監督の良さ

マークウェブ監督は『(500)日のサマー』などでもハートフルな映画を楽しませてくれましたね。

そして今回も繊細さのあるストーリーで、泣かせる映画を完成させてくれました。

一番の泣き所はメアリーとの別れと、再開のシーン…

クラシックな音楽が雰囲気をさらに良くしていて、たっぷりと時間をとってくれました。

今作はオールロケーションでの撮影で、キャスト達も自然な演技が活きていたのも『ギフテッド』の良さにつながったと思います。

映画ギフテッドまとめ

心温まる泣ける映画であり、素敵なキャストと演技に恵まれていたのが『ギフテッド』の良さでしょう。

内容も子育てをする親子について真剣に考える機会でもあり、そして子供が望むことは何かを気づかせてくれる貴重なものでしたね。

そして、ギフテッド教育や数学者たちの努力なども知れて、色々楽しめるとても素晴らしい映画だと思いました。

監督:
マーク・ウェブ

キャスト・俳優:

フランク(クリス・エヴァンス)
メアリー(マッケナ・グレイス)
イブリン(リンゼイ・ダンカン)
ボニー(ジェニー・スレイト)
ロバータ(オクタヴィア・スペンサー)

おすすめ記事&広告

画像引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/tough_a_enough/35485840.html

コメントを残す