スポンサーリンク

千阪利恵の顔画像身元調査!2chでは息子をかばったと話題に?

千阪利恵の顔画像

最近この手のニュースが本当に増えてきていますね。

12/7に奈良の生駒市にあるとある住宅にて、小二児女が刺傷される事件が起きました。

なんと逮捕されたのは同級生の母親だというのです。

その容疑者である千阪利恵とういう人物について、どんな顔をしているのか?どこに住んでいるのか、何が原因だったのか?今回の刺傷事件を詳しく見ていきたいと思います。

ちなみに刺された女の子は命に別状はなかったとの事で、本当に良かったです。

事件の詳細(発覚)は?

今年(平成29年)12月7日午後4時過ぎにその事件は起きました。
場所は、奈良県の生駒市の住宅。

刺したのは、被害者の女の子の同級生の母親、千阪利恵容疑者で、刺された被害者は、小学校2年生(8歳)の女の子。

胸を包丁で複数回刺したが、女の子は命に別条がないとの事で、殺人未遂の容疑で逮捕されました。

報道によると、 千阪利恵容疑者の息子はその現場におらず、刺された女の子と2人霧の時に犯行に及んだそうです。

複数回、刺して、命に別条がなかったことから、殺す気はなかったのか、運よく一命をとりとめたのかどちらかだと思われます。

事件現場はどこ?

事件現場となったのは、奈良県生駒市鹿ノ台南周辺の近鉄けいはんな線「学研奈良登美ケ丘駅」から北西約2キロの閑静な住宅街との事。

実際には地図の真ん中あたりという事になります。

推定住所
奈良県生駒市鹿乃台南●●●

Facebookを調査!千阪利恵の詳細は?

容疑者の名前:千阪利恵(ちさかりえ)
年齢:41歳
性別:女
職業:パート
住所:奈良県生駒市
家族構成:報道されていない。
SNS(Facebook)情報:していない

色々調べたのですが、SNSをやっていないため、まだこれくらいの情報しか出てきませんでした。

SNSを全くやっていないところから、周囲とかかわるのが苦手な人ではないかと想像できますね。

家族構成は、被害者の女の子の同級生の母親というところから分かると思いますが、報道されている息子が一人。

一軒家に住んでいるところからして、旦那さんはいたのではないでしょうか?
それ以外の情報については出てきていません。

刺された女の子が8歳というところから、33歳の時に子供ができたことが分かりますね。

事件のあった時間帯からして、家には旦那さんはいなかったのでしょうね。

千阪利恵(ちさかりえ)の顔画像は?

現在顔画像は報道もされておらず、またSNSも見つかっていないため、ありませんでした。
見つけ次第、追記していこうと思います。

どんな性格の人なの?

上記でも書きましたが、SNSを全くやっていないところからして、人とかかわるのが得意ではない性格だったのかな?と思います。

また、周りの住人からは「挨拶しない人」という印象があったみたいで、すので、やはり内気な性格だったことが伺えます。

ただ、引っ越ししたばかりという事で、慣れていない環境、新しい職場という事で、ストレスが溜まっていて、そうなったか可能性もあるでしょう。

内気な人ほどキレたらヤバイとは、この事ですね。

精神病の疑いはあった?

容疑者の千阪理恵には精神病の疑い(通院歴の疑)があるとささやかれています。

引っ越しや、新しい職場でのストレス、元々内気でためやすい性格であったなら、十分考えられますね。

うつ病や、統合失調症などは、自分で作りだした周りの声が聞こえるみたいで、自分を悪く言っていると思ってしまうそうです。

もしかしたら、事件のあった日にそれらの症状が現れ、女の子に対して怒りを覚えた千阪理恵容疑者の何かしらのねじが外れたて犯行に及んだ可能性もありますね。

刺したのは息子ってどういうこと?

真相は女の子の供述で分かることですが、2ちゃんねるではこうささやされています。

・母親同士のトラブルがあり、憎悪が子供に向かった
・女児が何か息子にやらかしたのでカチンと来た
・女児が非常に優秀なので嫉妬した
・息子が指したのをかばって自分がしたと言っている

記事引用元:http://newsplusalpha.net/archives/5569336.html

大人なので、上の3つは正直理解できませんが、親だったらもしかすると、4つ目の息子を庇うと言うことを考える親も出てくるかもしれませんね。

ただそれは、最後の最後まで、子供の育て方が甘いとしか言いようがありませんが…

まとめ

今回は、12/7に奈良の生駒市の住宅街にて起こった小二児女刺傷事件について、容疑者である千阪利恵とういう人物について、どんな顔をしているのか?どこに住んでいるのか、何が原因だったのか?ということを調べてみました。

最近この手のニュースが多いとはいえ実際に近くで起こったと想像したら怖くてたまりません。

今回浮かび上がったのは、刺したのは息子ではないかという情報でした。

何が真相かはまだ分かりませんが、年々精神病の方も増えていている傾向にある現代の社会では、悩みを自分でため込んでしまいがちな社会も原因の一つではないかとも思います。

息子、母親どちらがやったにせよ、そうならないように家族や身内での協力や解決が精神的ケアの大きなポイントとなるのではないでしょうか?

ちなみに刺された女の子は命に別状はなかったとの事で、本当に良かったです。

画像引用元:https://bungu-uranai.com/blog/11158/

コメントを残す