スポンサーリンク

渡辺和子死去!岡山ノートルダム清心学園理事長の名言と功績まとめ

岡山、広島の2県で
ミッションスクールを
運営している
岡山市北区伊福町の
ノートルダム清心学園の理事長で、
ベストセラー「置かれた場所で咲きなさい」の
著者としても知られている
渡辺和子(わたなべかずこ)さんが
12月30日死去されました。

スポンサーリンク

年齢は89歳で、
死因はいまのところは
わかっておりません。

渡辺さんは
北海道旭川市生まれで、
聖心女子大を卒業してから、
上智大大学院修了後の
1956年に、
ノートルダム修道女会に
入会しました。

米国留学を経て
1963年に
なんと36歳の若さで
岡山県岡山市で
ノートルダム清心女子大の
学長となりました。

1990年に同学園理事長に
就任しています。

岡山で
約半世紀にわたり
学生のために
寄り添いながら、
学校の学科の増設や
大学院の開設など
教育内容の
さらなる充実のために、
岡山県内の地域の
女子高等教育の進展に
大きく貢献されました。

しかもなんと
付属の幼稚園長や
小学校長なども
兼務していたそうです。

それに加えて
私学振興にも
取り組んでいたそうです。

本当にすごいエネルギーですね。

なお、
生涯現役にとことん
こだわりながら、
最晩年まで
教壇に立っていたそうです。

本当に素晴らしいことですね。

最後まで
教育の第一線で
頑張られたんですね。

スポンサーリンク

日本カトリック学校連合会理事長を
歴任するなどして
修道者としても
精力的に活動していたそうです。

9歳の時には
軍事クーデター二・二六事件で、
陸軍教育総監だった
父親の錠太郎氏が
凶弾に倒れた現場に
居合わせており、
目の前で
無数の銃弾を浴びた
父の最期を見届けたそうです。

この体験は渡辺和子さんに
どのような影響を与えたのか
気になりますね。

2012年に出版した
「置かれた場所で咲きなさい」
は数々の困難を乗り越えてきた
ご自身の実体験に基づく言葉が
広く共感を呼んでいます。

功績がたたえられて
1979年に山陽新聞賞、
1989年には岡山県三木記念賞を
受賞しており、
今年4月に旭日中綬章を
受章していました。

スポンサーリンク

渡辺和子さんが亡くなったことに対するみなさんの感想・口コミ

Aさん
置かれた場所で咲きなさい の作者の渡辺和子さん 亡くなったんか… まだ、ぜんぜん読み終わってないけど大事に読んでお勉強しよ
Bさん
私も、シスター渡辺和子さんのことを知ったのは、心のともしびの放送ででした。その後、TV番組のゲスト出演などでも拝見したり、その都度いつも優しいまなざしで微笑まれ、励まされました。天の御国でも、その微笑でご活躍されることを祈っております。
Cさん
自動ドア世代だけど 手動ドアで後ろの人に気を使えるようになったのは渡辺和子さんのおかげかと。合掌。
Dさん
突然の訃報に悲しみ広がる
Eさん
渡辺和子さん、死因は膵臓がん
スポンサーリンク
Fさん
渡辺和子先生のことは速報とかであまり流れないのか かなしい
Gさん
えええ…渡辺和子さん亡くなったの…びっくり
Hさん
シスター渡辺和子さん…私の尊敬する方です。有難うございました。
Iさん
渡辺和子先生、どうぞ安らかにお休みください。
Jさん
なんてこと! 渡辺和子シスターが亡くなった!
スポンサーリンク

渡辺和子さんの名言集

世界の人口を100人の割合で考えると、高等教育を受けたくても受けられる人はわずかに1人。だから、置かれた場所で咲くという気持ちを忘れず、自分が今できることを一生懸命励みましょう

ほほえむことを忘れた人たちに、ほほえみを惜しまずに与えましょう。「あなたは1人ぼっちでない」というメッセージを発信し続けましょう。ほほえみには、マジックのような力があります。与えられた人を豊かにしながら、与える人は何も失わない ― それがほほえみなのです

ほほえみには、私たちの心の中にある目には見えない愛を、目に見える形にして相手に伝えるコミュニケーションの役割があるといえます

私たち大人がまず、自分の「したい性」を抑えて、主体性を身につけてゆかないといけないのでしょう。人は、自分が持っていないものを他人に与えることはできないからです

人間はとかく、追いつめられると、目先の善に走りがちです。だから私たちは常日頃、心にゆとりを持ち、物事に優先順位をつけながら生きてゆく判断と意志の訓練をすることが大切なのです

スポンサーリンク

今、子どもたちの主体性を重んじる教育ということがよくいわれていますが、現実には、「したい性」が伸び放題になってはいないでしょうか。子どもたちが真に自由になるためには、したいことを我慢し、または自分に「待った」をかけて、しなければならないことを先にする“もう一人の自分”を育ててゆくことが大切なのです

折あることに子どもたちをしっかり抱きしめて、基本的信頼を持たせるようにしましょう。そうすれば、大きくなって厳しい現実に直面し、人間の弱さに否が応でも触れざるを得なくなった時も、絶望することなく、98パーセントの信頼と、2パーセントの許しの余地を持って、たくましく、優しく生きてゆくことができるでしょうから

信じるということは大切なこと、美しいことですけれども、悲しいことに人間の世界に“完全な”信頼はあり得ません。信じることを教えるのも教育なら、人を疑うことの必要性、単純に物事を信じてしまってはいけないことを教えるのも教育の1つの役割なのです。それは、神でない人間は、他人も自分も皆、弱さを持ち、間違うことがあるのだという事実に目を開かせ、許しの大切さを教えることでもあります

結婚式当日の2人の幸せは輝くばかりのものだろうが、その後に続く日々は決してその連続ではなく、平々凡々たるものだろう。その中で幸せになるということは、小さくてもいい、「ああ、幸せ」と思える機会をふやすことにかかっている

人間の一生の間に、大きな幸せと呼べるものは数える程しかないものです

スポンサーリンク
名言引用元:http://meigen.keiziban-jp.com/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E5%92%8C%E5%AD%90
画像引用元:http://nobie.biz/ac/kotono/archives/62

コメントを残す