厄払い方法手順と玉串料金額や服装は?お札の方角・正しい置き方も

厄払いお祓い

厄年の豆知識 本厄の年には新しいことを始めないほうがよいといわれています。 ただし、厄年でも親戚の結婚や葬式は厄逃れになるともされています。 出産も子どもを産み落とすのと同時に厄が落ちるともいわれています。 厄年だからといって、結婚や入籍を延期するのではなく、思い立ったが吉日、吉年だと思って進めていきましょう。 スポンサーリンク (adsbygoogle = win

続きを読む