【5月4日】今日は何の日?誕生花、誕生石、誕生日の有名人

今日は何の日

みなさんこんにちは!

今日は5月4日です!

今日が何かの記念日だという人もいれば、忘れたいあの日…という方もいると思います。

そこで!今日が何の日なのか、誕生石、誕生花、誕生日の芸能人を調べてみました!

  1. 今日は何の日?
  2. 誕生花
  3. 誕生石
  4. 誕生日の有名人

 

 

1. 今日は何の日?

今日が何の日か調べたところ、面白そうなものがいくつかあったのでご紹介します!

 

みどりの日

5月4日はみどりの日です。自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむことを趣旨としています。みどりの日は国民の祝日の一つであり、ゴールデンウィークを構成する祝日の一つでもあります。

もともと5月4日は国民の祝日を前後に挟んだ「国民の休日」でした。連続した祝日を構成するための「休日」だったようです。ですが、4月29日のみどりの日が「昭和の日」に改称されたため、みどりの日は5月4日に移動され、正式な「祝日」となりました。祝日にもいろいろな歴史があるんですね。

 

 

ラムネの日

5月4日はラムネの日です。1872年の今日、東京の実業家・千葉勝五郎がラムネの製造販売の許可を取得しました。ラムネというのはお菓子のラムネではなく、ジュースのラムネです。ちなみに、ラムネというのはレモン水を指す「レモネード」が訛ったものと言われています。

ラムネが最初に日本に伝来したのは、幕末の長崎、横浜です。また、日本で最初にラムネを製造したのは1865年 長崎の勝頼半兵衛であるとも言われています。ただ日にちがはっきりしていないため、この日はラムネの日とはなりませんでした。日本人のものづくりに対する熱意がわかりますね。

スター・ウォーズの日

5月4日はスター・ウォーズの日です。ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が制定しました。なぜ5月4日なのかというと、劇中の名セリフ「May the Force be with you.」(フォースと共にあらんことを)と「May the 4th」(5月4日)をかけた語呂合わせからです。日本だけでなく、世界中の人にスター・ウォーズの魅力を知ってもらうことを目的としています。この記念日は一般社団法人・日本記念日協会認定・登録されました。

 

 

2. 誕生花

5月4日の誕生花はフリチラリア・インペリアリスです。噛みそうな名前です。花言葉は「天上の愛」です。フリチラリア・インペリアスはトルコやイランなどが原産のユリ科の植物です。60cmから1mほどに成長し、球根に強いにおいがあるためモグラを寄せ付けません。ですが暖地の気候に適していないため1年ほどでダメになってしまう場合がほとんどです。1年を通して気温が低い土地での栽培に適しています。

 

 

3. 誕生石

5月4日の誕生石はペリドットです。石言葉は「偉大な力」、「夫婦の幸福」、「運命の絆」です。原産地はアメリカ、ミャンマー、パキスタン、メキシコ、オーストラリアなどです。

パワーストーンとしての効果には、暗闇に光をもたらしポジティブな力を授ける効果があり、「太陽の石」とも呼ばれています。古代の人々は太陽が爆発して飛んできた石と考え、崇拝していたようです。また、夜に輝きを放つと言われ、身を守る護符としても活躍するでしょう。

そのため、誰かと喧嘩をして怒りや悲しみにとらわれている時や、何か自信が無く意気消沈している時に、前向きになれるような希望や向上心をもたらしてくれます。痔の治療として用いられてきた歴史もあるようです。

 

 

4. 誕生日の有名人

近藤房之助

1951年5月4日生まれ。日本では数少ない本格派ブルース・シンガーです。1976年京都にて「ブレイクダウン」結成し、ブルース/ルーツロック/R&Bなど黒人音楽の影響が濃厚なアルバムを残しましたが、86年に解散。またB.B.クイーンズの一員として、踊るポンポコリンをリリースしています。

オードリー・ヘプバーン

1929年5月4日生まれ。ハリウッド女優です。「ローマの休日」や「マイ・フェア・レディ」に出演し、2019年5月4日に生誕90周年を迎えています。

ジャン海渡

2000年5月4日生まれ。SUPER★DRAGONのメンバーです。特技はサッカー・スノーボード・絵画・アート制作・スタイリングです。2015年にはダンス映画「神話の国の子供たち」に出演しています。

たむらけんじ

1973年5月4日生まれ。お笑い芸人であり、数々のバラエティ番組に出演しております。また「炭火焼肉 たむら」の代表として、焼き肉屋の経営もしております。

榎田道子

1967年5月4日生まれ。元おニャン子クラブメンバーです。おニャン子クラブ在籍中に喫煙写真が週刊誌に掲載され、わずかな在籍期間でクビになっています。

田名角榮

1918年5月4日生まれ。第65代内閣総理大臣を務めました。新潟県出身であり高等小学校卒という学歴から総理にまで登りつめた人です。また数々の名言を残しており、その生き方に共感する方も多いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です