【6月13日】今日は何の日?誕生花、誕生石、誕生日の有名人

今日は何の日

みなさんこんにちは!

今日は6月13日です!

今日が何かの記念日だという人もいれば、忘れたいあの日…という方もいると思います。

そこで!今日が何の日なのか、誕生石、誕生花、誕生日の芸能人を調べてみました!

  1. 今日は何の日?
  2. 誕生花
  3. 誕生石
  4. 誕生日の有名人

 

1. 今日は何の日?

鉄人の日

6月13日は鉄人の日です。なぜ6月13日なのかというと、1987年6月13日に、プリ野球広島東洋カープの衣笠祥雄選手が、2131試合連続出場という世界記録を達成したからです。それ以前の記録は、アメリカ大リーグのルー・ゲリッグの2130試合連続出場が世界記録でした。

「鉄人」という愛称は、背番号「28」と漫画「鉄人28号」に由来しています。その愛称通り、飛びぬけて体が頑丈でした。

はやぶさの日

6月13日ははやぶさの日です。なぜ6月13日なのかというと、2010年6月13日に小惑星探査機「はやぶさ」は宇宙空間60億キロ、7年間の歳月をかけたミッションを成し遂げ、地球に奇跡的ともいえる帰還を果たしました。「はやぶさ」の開発・運用にかかわった人々の「あきらめない心」「努力する心」を全国の人々に伝え続けていくことを目的としています。

この記念日はJAXAの施設がある4市2町で組織する「銀河連邦」が制定し、一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。

いいみょうがの日

6月13日はいいみょうがの日です。なぜ6月13日なのかというと、6月がみょうがの旬の時期で生産量が増えることと、「13日」を「い(1)いみ(3)ょうが」と読む語呂合わせからです。1年を通じて栽培が盛んな「高知県産みょうが」を広くPRすることを目的としています。

この記念日は高知県園芸農業協同組合連合会が制定し、一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。

2. 誕生花

6月13日の誕生花はベニバナです。花言葉は「化粧」「装い」「包容力」です。ベニバナの花は、咲き始めは黄色ですが成長につれて赤く変化します。和名の「ベニバナ(紅花)」は、この花から紅色の染料を取ったことに由来しています。ちなみに英語では「Safflower(サフラワー)」と呼び、日本でもベニバナの種から採れる油をサフラワー油と呼んでいます。

3. 誕生石

6月13日の誕生花はマラヤガーネットです。石言葉は「内気」「心を奪う素質」です。パワーストーンとしての効果がいくつかありますのでご紹介します。

アイディアを閃かせる

マラヤガーネットは新しいサービスや新しいモノを生み出すサポートをしてくれます。周囲を圧倒し、驚かせたい人におススメです。

魔除け

マラヤガーネットは周囲の邪気や悪意から持ち主を守ってくれます。また、日々受けるダメージを無効化させる力もあります。戦いを避けては通れないときなどにおススメです。

高いに勝利

マラヤガーネットは攻めと守り、どちらにも使用できるパワーストーンです。あらゆる手段を投じて、勝利に導いてくれるでしょう。勝負に勝ちたい方におススメです。

4. 誕生日の有名人

矢神久美

1994年6月13日生まれ。元SKE48メンバー・プロダーツプレイヤー。2008年SKE48オープニングメンバーオーディションに参加し、応募総数2670名の中から見事合格を果たし、メンバー入りしました。2010年ドラマ「マジすか学園」で女優デビューを果たし、その後も声優・歌手として活躍されていましたが、2018年4月30日をもって芸能界を引退しています。

金子栞

1995年6月13日生まれ。タレント・グラビアアイドル・元SKE48メンバー。2014年にSKE48を卒業しました。

山崎ケイ

1982年6月13日生まれ。お笑い芸人・相席スタートのメンバー。2013年2月に相方である山添寛と相席スタートを結成しました。趣味は旅行・食べ歩き・料理・他人の恋愛の悩みを解決することです。

森口博子

1968年6月13日生まれ。歌手・タレント。1985年アニメ「機動戦士Zガンダム」主題歌「水の星へ愛をこめて」でデビューをしました。バラエティ・ドラマ・舞台・ラジオ・CMなど幅広く活躍されています。

本田圭佑

1986年6月13日生まれ。プロサッカー選手。各年代の日本代表に選出され、2008年にはW杯3次予選のバーレーン戦でA代表デビューを果たしました。日本を代表するサッカー選手の一人です。

古屋敬多

1988年6月13日生まれ。歌手・俳優・Leadのメンバー。Leadのメンバーとしての活動のほかに、映画・舞台など幅広く活躍されています。

山田邦子

1960年6月13日生まれ。お笑いタレント・女優・司会者・小説家。「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」や「山田邦子のしあわせにしてよ」などの冠番組に出演し、ピン芸人してはバスガイドネタなどで一躍注目を集めました。映画・ドラマ・舞台・ラジオDJ・小説など多方面で活躍されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です